偏頭痛 サプリ

北は玄武の



囁ける水を凍らせ今冬の黒き玄武は眠らず起きず


北を仰げば雪をまとう山

稜線は冬の空に堅固で

その山が遠いのか近いのか

距離さえ特定できない

と言うより今居る場所さえ判らない

玄武は言った

お前の山だ

わたしはその山の斜面に立ち

摂氏マイナス五十度の空気を

肌に感じている

想え 想え 北の山

降り積もる雪は凍り

その上にまた雪は降り積もり

誰も寄せ付けぬわたしの山よ

こんな地と空の境界に

稜線を連ねる北の山々にも

昼と夜は役割をたがえ

入れ替わりやってくる

夜が来れば

北極星は今夜もまた不動だ

玄武よ あなたの神ですね

あなたの背の向う

あなたの頭上にある

北極星は不動

今 いっさいの生き物を拒絶する

この山にわたしは在って

わたしは此処に来た

誰はばかることなく叫ぶのだ

わたしは来た と

この厳冬の山に玄武はわたしを置き

そして山を賜った

お前の山だ

わたしの着ている白い毛皮は

山を抱くための衣装で

おそらく玄武は黒い毛皮で

この山稜を一日導いてくれるだろう

雪よりも 氷よりも

いっそう深く厳しく冷たいもの

――――――――――――  冬

その冷たさがわたしを覚醒させ

また 雌伏させ

眠らせる冬

冬こそわたしを働かせ

祈らせ

希望を与える

明日 部屋へ帰ると

日本は小さな小さな冬を迎えるだろう

立冬だ

ささやかに暖をとって

風邪なんかひいて

手袋をはめて

オフィスへ通うんだ

帰る場所を定めたわたしの心に

雪と氷を宿して

玄武の山はわたしを励まし続ける

大神のつくり給うた

時計のように無心になって

日々の業を成し遂げるんだ

厳冬の山 

雪の山

地と空の境界の山 

わたしが帰る玄武の冬の山