偏頭痛 サプリ

どんでん返し

憎しみは成長しました

ほんの徴候だったのですが

幾十年水をやり

育ててしまったのです


気づいたことに憎しみは

わたくしの未成で起きたことではなく

他者の存在あってこそ

ということです

四十年も経ってみれば

あいかわらず憎しみは息づいていて

その向こうには

他者の中の魔物が

ようやく姿を現して

今度こそはっきりと顕在するのです

そして言いました

「死んでください」


この魔物に戸惑ったわたくしは

司教さまに相談しましたが

「ひとの心は変わらないのだ」

と仰ったきりでした


この魔物は幾十年

わたくしの苦しみを餌にして

生きながらえてきたわけですから

わたくしが

一欠けらの憎しみも表に出さずに

「なんて幸せな毎日!」

と宣言するだけで

しゅるしゅると萎えて

地獄に帰ってゆくのでしょう


あぁ、幸せという

「どんでん返し」